霊媒師

鶴心

080-3485-3554

〒173-0005 東京都板橋区仲宿

営業時間:10:00~19:00 定休日:月・金(不定休)

霊媒師

BLOG

2018/03/14 霊媒師

霊媒師になったのは?


これは、ご相談者様より、多く質問されることです。

 

私の出生地、「新潟県胎内市(旧中条町)」では、皆様がご存知の《沖縄のゆた》《青森のイタコ》の様に、昔からこの様なお役目をいただく方がいます。

特別メディアにも取り上げらる所では無いので、もちろん分からない方も多くいらっしゃいますが、地元では、《はっけおき》《巫女どん》と呼ばれており、お守りいただいた神様によってお役目が違います。

 

お役目は?


新潟県内の阿賀北(阿賀野川より北)に伝わる昔からの風習で地元では当たり前にあり、

※亡くなった方の、生前の言い残したお話しを四十九日明けに聞きに行く《みちわけ》

※毎年1月から3月に家族の健康、事故等、家族の話しを聞きに行く《はるばけ》

お守りいただいた神様によってお役目が違い、私の様な霊媒のお役目をいただく方もおります。

これは私が産まれるずっと前から、この地に伝わる風習です。

私がお世話になっております、新潟県村上市坂町(旧荒川町)にある、法華経・本伝寺の昔の奥様が力を授けていただいており、奥様は全盲になりながらも全国を歩き、数多くの方々に手を差し伸べてこられたと言われております。

 

昔の方は本伝寺様に通い力を授けていただいた方、ある日突然、光が指し力を授けていただい方もいるようです。

私の近所(歩いて5分程の所)には、お釈迦様にお力を授けていただきました「丹後様」という、おばあちゃまがいらっしゃいました。

私はもちろん、お会いしたとはありませんが、その方は既に亡くなられ、ご家族の方が誰も継がなかったため、お腹になかにいた時から土地の仏に憑依をされ26歳まで人生を操られておりました私に、お釈迦様は光を指し力を授けていただきました。

 

 

 

。・。・。・。・。・。・。・。
鶴心
.
〒173-0005 東京都板橋区仲宿
営業時間 10:00~19:00
定休日 月・金(不定休)
TEL:080-3485-3554
E-mail:kashin.k777@gmail.com
・。・。・。・。・ 。・。・。・

TOP